トップ »  暮らす  »  インターネットで葬儀社を探す場合の注意点

インターネットで葬儀社を探す場合の注意点

インターネットの急速な進歩には、目を瞠るものがあります。 ショッピングサイトの普及により、家に居ながらにして、何でも手に入れられることができるようになりました。 スイーツ・洋服・インテリアetc.・・・ そんな日常的なものから、車や、不動産といった、大きく高額な物まで・・・ ほんの10年程前までは、考えられなかったような世界になりました。 そして、最近では、お葬式をする場合にもネット検索をされる方が増えてきました。

インターネットで、『お葬式を買う』。 かつては、想像も出来なかった事が、この数年の間に、スタンダードになりつつあります。

あの世へのお旅立ち・・・とはよく言ったものですが、それはしかし、旅行社を選ぶような感覚でいると、大変なことになるかもしれません。 航空会社と、ホテルを組み合わせて、パッケージを作る旅行と違い、 「お葬式」の内容は、馴染みが無く、よくわからない?? おそらく、そんな風に感じる方が殆どだと思います。

旅行会社を選ぶ場合。航空会社であれば、A航空なら安心感はあるけど高い。P社は、価格は文句なしだけど、サービスがイマイチ。 とか。

宿泊ならば、こんな風に考えるのじゃないでしょうか? ゆったりと過ごすのが目的なので、ラグジュアリーな雰囲気で、設備の充実したホテルOにしよう。費用はかかるが、きっと最高のサービスが受けられるだろう。いやいや、昼間は観光で忙しく、ホテルなんて寝に帰るだけだから、リーズナブルな所にしよう。ビジネスホテルや民宿もいいかも・・・ など。

みなさん、ご自身の過去の記憶と照らし合わせたり、実際の経験者の方の意見を聞いたりして、「これはお得!」「これは、安かろう、悪かろうなのではないのかしら・・・」と、判断されています。

それぞれの目的や嗜好に合わせて、ご自身に合ったものをチョイスして、満足なものを手に入れる。ということが当たり前ですね。

しかし、お葬式の場合は、ご自身の経験も少なく、しかも参列のみで、喪主としての経験は初めて!という方が殆どです。

そして、人には聞きにくい・・・。

とくに費用に関する詳細は、デリケートな質問になりますので、ほんとうに聞きにくい。

そんな時に、とても心を動かされるのが、利用者の生の声。

そう。『口コミ』ですね。

     
  • ☆不安だった私達家族に、とても親身に対応してくださいました。おかげで、満足のいく形で母を送ることができました。ありがとうございました。 (△△県 S男)
  •  
  • ☆家族葬プランというものを勧めてもらえたので、葬儀費用を抑えることができ、助かりました。  (○○県 A子さん)
  •  
  • ☆式場や、祭壇に関するアドバイスをいただいたおかげで、親戚から、立派な式だと褒められました。 (□□県 U太郎)
  • などなど。

費用に関することや、様々な感想を自社のサイトに掲載されていることがふえました。 このような「口コミ」はとても参考になりますね。 ただし・・・それが全て、本当の事であれば。ですが。 葬儀社だけでなく、多くのWEBサイトで行われていることですが、イメージ戦略の一つとして、これらの手法をとられている場合があるのです。

写真もそうです。 葬儀ホールの外観・内装を、まだ新しかった頃のもので掲載しているというような形などで、修正・加工されているケースもあります。 場合によっては、祭壇の参考写真も、実際よりも豪華に見えるようにされているでしょう。

ハッキリ言ってしまえば、「当てにならない」のです。それどころか、目安にしてはいけないのです。 『すてきな雰囲気』『いい感じ』に惑わされずに、しっかりと見極めたいものです。

これらは、旅行関係のサイトでも、同じことが行われているかもしれませんが、ご自身の、ある程度の知識と経験で、判断できる部分があると思います。

では、Webで葬儀社を検索する場合に、どんなことに気をつければよいのでしょうか? もっとも重要な事は、この3つだけだと考えています。

  • ○ホームページにプランなどの金額が明記されている
  • ○葬儀代金の詳細が具体的な例で説明してある
  • ○自分の要望にあった場所でできるかどうか

プランの金額が載せられているかどうかなんて、あたりまえの事のように感じられるかもしれませんが、いざという時には、とても曖昧な表現をされていることに、気が付かない場合がとても多いと聞きます。 ざっくりとした一部の金額しか掲載されていないのに、その金額ですべてが出来るかのように錯覚してしまうような、サイトの雰囲気に、どうか影響されないでください。 ホームページにプランなどの金額が明記されている。というのは、消費者の立場でものを見ることができている。ということです。

そして、葬儀代金の詳細が、具体的な例で説明してある。ということは、費用面での自信があるからです。 掲載されていないということは、価格設定が高いので載せられない可能性が高い。ということです。 また、ホールの使用料が載せられていない場合もありますが、同じ理由で、掲載すると不利になるからです。 しかし、そこにも落とし穴があります。 激安プランについ惹かれて、委託してみたら、とんでもなく遠方にある式場に、強引に決められてしまった・・・など。

自分の要望にあった場所で出来そうなのか、どうなのか。ということも、費用面以上に大切な部分です。 それから、自社の式場があるのかどうか? 無い。という場合は、どのような所で施行することになるのかを、しっかりと確認しておく必要があります。

  • まとめてみると、こういうことです。
  • ○信用できるもの「オープンな費用」「施行できる場所」
  • ○信用できないもの「よさそうな雰囲気」「すてきな写真」

その時になってみないと、わからないことってたくさんありますが、『お葬式』のことも、そうだと思います。 選べっていわれても、わからないから選べません(T_T)

仕方ないので、お任せします・・・なんていうことは避けたいですものね。 みなさんが、ご旅行へ行かれる場合に、行ったことがないので、よくわかりません。何もかもお任せします。とはならないですね。

分からないなりに、色々と、調べて、比べて、選択しているはずです。 葬儀社選びは、あの世への旅行社選びと考えてみましょう。 旅行の場合なら、行ってみたら、想像と違い、しょぼかった。あー残念(泣) となってしまったら、とてもくやしいですもんね。 しかし、それでも次があります。 次のチャンスには、以前の経験を活かし、より多くの情報を集め、失敗しないようにがんばるでしょう。 しかし、お葬式は次がありません。 初めてであっても、がんばりましょう。 情報を集めて、調べて、比べて、自分で選択するのです。

「お葬式」にまつわる話しのあれこれ。 タブーではなくなってきたからこそ、『くらべる』『えらぶ』権利が生まれました。 そろそろ本当の、消費者主導型のスタイルになってほしいものです。

  • あなたが、大切な人を亡くしたその時。
  • 慌てることなく、悲しみに向き合えるようにお手伝いさせてください。
  • 悲しみに寄り添い、癒しへ向かうお手伝いをさせてください。
  • ~グリーフケアのグループを募集しています(随時)~
  • 詳細はこちらから→https://sites.google.com/site/griefworks/gurupu

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp