トップ »  暮らす  »  ご臨終から2時間で、遺族がしなければならないことを知っていますか?

ご臨終から2時間で、遺族がしなければならないことを知っていますか?

大切な方との別れは、いつかやってきます... 考えたくない。考えられない。 そんな風に感じる方が殆どだと思います。

しかし、こんなにも大変な目に遭うなら、もっと早くに考えておけばよかったと、後悔される方が、驚くほど沢山いらっしゃいます。 それは、どうしてでしょうか...?

いつか、必ずやってくるその時。ご臨終の時・・・。
現代では、殆どの方が病院でお亡くなりになります。 病院での最期を迎えられた場合、いつまでも悲しみに浸ってはいられません。 次の患者さんのために、故人となってしまった方は移動しなければならないからです。 一般的には、ベッドを空けるまでに平均2時間といわれています。(病院の霊安室が利用できれば、もう少し余裕が生まれます。)

しかし、どこに頼んでよいのか分からない。誰にお願いすればよいのか・・・そんな時には、病院から葬儀業者を紹介してもらえます。
その際に、病院からの搬送先を決定しなければなりません。自宅なのか、葬儀場へ直接行くのか・・・。 あらかじめ決めていなければ、それも決めていくことになります。 葬儀場は、ご近所だけでも、いくつか選ぶ場所があるでしょう。 しかし、この段階から、比べて選んでいる余裕は、まずありません。
そのまま、病院からの紹介業者に、全てを委ねることになる場合が多いのが現実です。 比較的高額な設定である事が多いようですが、選択肢がないのであれば、仕方ありません。

そして、その後、日程・葬儀内容の打ち合わせが始まります。 火葬場の予約や、仏式・神式の場合は、寺院・祭主との日程調整。 式場の規模を決め、それに見合った祭壇も選択することになります。
供養品・通夜料理・精進料理等の飲食物なども、このときに松竹梅のような、ランクだけ決めてしまいます。 初めて聞く言葉が出てきたりして、理解するのが難しく、つい「おまかせ」にしてしまう部分があるかもしれません・・・。

だいたい、ここまでで2時間近くが経過しています。 やっと、搬送先が決まったところです。

打ち合わせは、まだ続きます。
葬儀のお知らせの範囲の決定です。 親戚はどうする?家族だけ?会社には?友人は? 案外、家族全員の交際範囲は広いものです。声をかけるかどうかの、線引きをしておかなくてはいけません。 この時、故人の交際範囲が解らず、慌ててしまうことがあります。そのあとの告知作業も手間取るかもしれません。 これで、葬儀のアウトラインのみを、決めることはできました。

・・・どう思われましたか?長いですか?短いですか? これが、ご臨終から2~3時間程度の時間内に行われることです。 この状況では、悲しみに向き合うことは難しいことでしょう。

故人の搬送、その後の葬儀についての決定事項。 急に様々なことを決めていくうえで、冷静さを失い、 普段ではありえない選択をしてしまうということも、あるかもしれません。

一般的な葬儀費用の全国平均は、200万円程度だといわれています。
この高額な費用が発生する理由のひとつに、遺族の気持ちが動転してしまっていることや、知識がなく、全てを「おまかせ」にしてしまうことがあると考えられます。
葬儀社としても、ビジネスですので、任せていただけるのであれば、よりグレードの高いプランをお奨めしてこられるでしょう。 それを、選択するのかどうかを決めるためには、その他の選択肢を知っていることが必要です。 でも、2時間の間では、新たに知識を得る時間も、情報に触れる時間もありません・・・

このような状況を避けるには、どうすればよいのでしょうか? 何か、あなたにできる方法は、あるのでしょうか?

それは、「事前準備をしておく」と、いうことです。 これは、事前に葬儀社を選定しておくなどといった、具体的な事だけではなく、 事前に、知識や情報に触れておく。という広い意味です。 体験した方の話をきく。というのが、一番良いのかもしれません。
しかし、なかなか触れにくい部分でもあります。 先ずは、関連書籍を読んでみることや、折り込みチラシやパンフレットなどに目を通してみる。といったことでも、有効です。

それに、今は、インターネットでなんでも調べることができます。 大いに活用しましょう。 情報に触れていくうちに、だんだん、「これってどういう意味だろう?」「これとこれは、どう違うのだろう?」という疑問が、あなたの中に、湧いてくると思います。 それは、その時すでに『何が分からないかも、わからない』という状態では、なくなっているという事です。

ちょっとしたことですが、大きな違いに繋がる結果となるでしょう。 違いが大きな方の場合ですと、その差100万円程度・・・とも言われています。 もちろん、無駄を省き、節約ができる。という意味です。

いつか必ずやってくる、遠い未来の「その時」のために。 少しだけ、行動してみませんか?

葬儀アドバイザーに質問!という方は、こちらへお願いします。

MAIL

  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 女性のための葬・アドバイザー
  • 勝田朱美・かつだあけみ
  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 無料メール相談はこちらから↓↓↓
  • ☆Web・グリーフワークス/女性のための葬・相談室
  •   
  • https://sites.google.com/site/griefworks/
  • ☆blog・ひとりで近親者を見送る全ての女性へ
  •    
  • http://grief-works.blogspot.jp/
  • ☆twitter @griefworks

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~男女共同参画センター・クレオ大阪中央館にて、葬儀の相談会を開催いたします~

  

詳細はこちらにもございます→https://sites.google.com/site/griefworks/benkyo

「その時」が来るまでは、考えることも少ないお葬式のこと。

まだまだ先ではあるけれど、ちょっと心配なお金のはなし・・・。

実際のインターネットや、チラシの広告をもとに、わかりやすく解説いたします。

日時  12月  18日  金曜日  午前10時~12時

場所  クレオ大阪中央(大阪市天王寺区上汐5-6-25)

四天王寺前夕陽丘駅1・2番出口から北東へ徒歩約3分

対象  内容に興味のある方

費用  1000円

お申し込みはこちらへMAIL ※件名を「12月18日・セミナー」でお願いします。

※予めメールにて、ご相談内容を詳しくお知らせいただければ相談時間内の問診・聞き取りのお時間が短縮されます。

~12月18日(火)男女共同参画センター・クレオ大阪中央館にて、セミナー開催!~

詳細はこちらから→https://sites.google.com/site/griefworks/benkyo

~グリーフケアのグループを募集しています(随時)~

詳細はこちらから→https://sites.google.com/site/griefworks/gurupu

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp