トップ »  暮らす  »  冬の暖房の節電ポイント

冬の暖房の節電ポイント

エアコンを暖房に切り替えました。さて、設定温度は???

環境省が推奨する暖房時の設定温度20℃です。でも、この通りにすると実際は結構寒いですよね。

"寒い時は着る""過度に暖房機器に頼らない"そんな原点に立ち返り、"暖房に頼り過ぎず、働きやすく暖かく格好良いビジネススタイル"それが「WARM BIZ(ウォームビズ)」だそうですが。。。

確かに暖房に必要なエネルギー使用量を削減することによって、CO2発生を削減し地球温暖化を防止することが目的であれば家庭でも 努力はしたいと思います。とはいいながらビジネスの場であるビルならば断熱性も高いのですが、木造の家で同じようにはいきません。推奨温度設定を目安としてできるだけエコな生活にできるようにしたいものです。

ダイキンの「家庭用エアコン節電情報 冬の暖房篇」では冬の節電について、6つのポイントにまとめて大変わかりやすく説明してい ます。ぜひ、参考にしてみてください。

「家庭用エアコン節電情報 冬の暖房篇

  • 1)冬の暖房は機器の特徴を知ることが大事!正しく使い分けましょう。
  • 2)部屋の中に冷たい空気が入らないようにしましょう。
  • 3)エアコンの使い方を工夫しましょう
  • 4)温度湿度を上手に調節しましょう
  • 5)エアコンのお手入れを定期的に行いましょう
  • 6)結露について正しく知りましょう

またお年寄りのいるご家庭では冬場には「ヒートショック」にも気を付けたいですね。

ヒートショックとは、室温の変化によって血圧が急激に上昇したり下降したり、脈拍が早くなったりする状態のことをいいます。 リビング・浴室と脱衣所・トイレなど、温度変化の激しいところを移動すると、体が温度変化にさらされ血圧 が急変し、脳卒中や心筋梗塞などにつながるおそれがあります。日本の入浴中の急死者数は諸外国に比べて高いとされています。

居間は火照る程暖かいが、廊下に出たらぞくっとするくらい寒い環境であれば注意が必要です。
また高齢者がお風呂に入るときは脱衣所の温度、風呂場の温度にも気を配るようにしましょう。

無理のない賢い節電で、家族みんなが気持ちよく冬を過ごせるといいですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp