トップ »  暮らす  »  二次持ち出し品(非常備蓄品)の確認/列島は地震活動期、その備えは万全?(その3)

二次持ち出し品(非常備蓄品)の確認/列島は地震活動期、その備えは万全?(その3)

20110413jishin.gif

二次持ち出し品は、非常時の備蓄品という認識です。非常持ち出し品に加えて、地震後の生活を支えるものを、大地震の際にも家具や家屋が倒れても取り出しやすい場所(家の外の倉庫・車のトランク・家の出入り口付近など)どに用意しておきましょう。避難生活の中で少しでも快適に過ごすために役立ちます。

  • 1)二次持ち出し品(非常備蓄品)
  • 地震後の生活を支える(最低でも3日分、できれば5日分を用意)
  • 自宅や物置、車などに用意しておく
  • 避難生活の中で少しでも快適に過ごすために役立つように考えよう。
  • 以下,二次持ち出し品リスト
  • 飲料水・非常食(そのまま食べられるか、簡単な調理で食べられるもの)
  • 毛布・寝袋
  • 敷物(ビニールシート・マットなど)
  • 上着類(防寒用)
  • 下着類(着替え用)
  • タオル・ハンカチ
  • ティッシュペーパー・ウェットティッシュ
  • 洗面用具・石鹸類(ドライシャンプーなど)
  • 卓上・携帯コンロ(ガスボンベも)
  • 固形燃料
  • ろうそく
  • ロープ
  • 鍋、やかん
  • バケツ・ポリタンク
  • 簡易・携帯トイレ
  • トイレットペーパー
  • ビニール袋(なるべく大きめのもの)
  • 使い捨てカイロ
  • 新聞紙(保温・火種などに)
  • キッチン用ラップ(止血・食器覆い用)
  • 布製ガムテープ(荷物の整理・止血・ガラス等の補修)
  • さらし(包帯・おしめ・手ぬぐい・ロープ・風呂敷などの代用)
  • 地図
  • 筆記用具(マジックなど)
  • 裁縫セット
  • バール・スコップ・車のジャッキなどの工具(救助用)
  • 生活用水として
  • 風呂の水は、つぎに入るまで栓を抜かずに蓋をしておく。
  • 寝る前には、やかんやポットに水を入れておく。

以上は標準的な準備ですが、家庭の状況によって備蓄品は足したり引いたりがあると思います。非常食については家族全員で知恵を出し合っていろいろとそろえておくといいですね。平常時に我が家の備蓄品を揃えるという共通の作業をしておくことで家族みんなの防災への関心が同じレベルになり、いざ!というときに協力しやすくなると思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp