トップ »  健康  »  入院費用が心配、、、限度額適用認定証の申請を!

入院費用が心配、、、限度額適用認定証の申請を!

自分や家族が入院するときは病気のことだけでも心配なうえに経済的な不安も重なり、くら〜い気持ちになってしまいますよね。 入院が予定される時は事前手続きをして、『限度額適用認定証』を交付してもらうと安心です。

70歳未満の方が入院する場合は、「限度額適用認定証」を医療機関で提示することによって、入院費用(一医療機関ごと)の窓口負担額が、自己負担限度額までで済みます。

20110227hokennagare.jpg

20110227gendogaku.gif

たとえば、Aさん(報酬額が一般)が入院での医療費総額が100万円くらいかかりそう、と言われました

試算してみましょう

80,100円+(1,000,000−267,000円)×1%=87,430円

となり、窓口で支払うお金は87,430円ですみます。

限度額適用認定証を申請していなければ、100万円の3割負担額300,000円を支払った後、保険者に高額療養費の申請を行うという形で、212,570円が3〜4ヶ月後に高額療養費の払い戻しとして還付されます。

入院時はただでさえ出費が多いのに、還付金は3ヶ月も先になるのはちょっと大変。

こうしてみると、問い合わせや手続きを面倒がらずに事前に限度額適用認定証を交付してもらっておく方が安心ですね。

申請先は、国民健康保険の場合は市町村役場、全国健康保険協会(協会けんぽ:旧政府管掌保険)の場合は全国健康保険協会の各都道府県支部、それ以外の社会保険を使用の場合は勤め先の健康保険組合です。

国民健康保険の場合保険料の滞納がある世帯では交付されないことや、健康保険組合では組合そのものにこの制度がない場合があるので、この制度が利用できるか、まずは保険者に確認することが必要です。

限度額適用認定証を申請してから、郵送で手元に届くまで約1週間かかります。早めの手続きをしておくと安心ですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp