トップ »  健康  »  今さらだけど、ダイエット!:脂肪細胞のダウンサイジング

今さらだけど、ダイエット!:脂肪細胞のダウンサイジング

「健康のため」「だらしない体型はいやだから」などダイエットを決心する理由はさまざまでしょう。

ダイエットの正しい方法をみつけたら、あとは実行するか、しないか。 実行できれば結果はでるはず。となればやるしかないですね、と自分を叱咤激励しているところです。

目標は無駄な脂肪を減らすことです。

そこで脂肪を減らすためのすばらしい記事をみつけました。

日経ウーマンオンラインの「ダイエットの新常識が満載!体脂肪大研究 (2010年掲載)」

これを指導書にして3か月やってみようと思います。あれもこれもいろいろな説を読むとわけがわからなくなるので、読んで納得してこれに決めました

「ぜい肉の正体は「体脂肪」。これは「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の二つを総称したもの。全部合わせると体重の約20%を占める、大きな組織だ。ちなみにこの脂肪の割合がおなじみの「体脂肪率」で、肥満の人は30%を超える。」

40~59歳女性の体脂肪率の目安

  • 低い:~21%
  • 標準-:22~28%
  • 標準+:29~35%
  • 軽肥満:36~40%
  • 肥満:41%~

自分の目標値は「標準-:22~28%」です 「体脂肪」は体の熱を維持したり、外からの刺激を受け止め、和らげるクッションの役割も果たすので過ぎた減脂肪は必要ありません。

ところで、ダイエットを始めてもすぐに体重は落ちないことは長年のお経験から(?)よくわかっています。なぜなんでしょう?

「脂肪細胞の中の中性脂肪が外に出てから、実際に脂肪細胞のサイズが小さくなるまでにはタイムラグがあるためだという。中性脂肪が出て中に空洞ができると、そこに、細胞の外から水が入りこんでくるため、細胞の大きさも重さもすぐには変わらない。この水は、約1週間ほど細胞内にとどまる。水が抜けると、ようやく細胞が引き締まり、サイズが落ちる、という流れだ。」

なるほど、中性脂肪が外に出て、実際に脂肪細胞のサイズが小さくなることをイメージしながらまずは一週間がんばります。 この一週間が我慢のしどころです。体重が落ち始めるとうれしくなってもっとやる気がわいてきますよね。

ちなみに、ダイエットはだらだらと期限を決めずにやっても効果が弱い。京都市立病院の吉田部長は、「集中力が続く3カ月間を一つのメドとし、1カ月休んでまた3カ月行う、というサイクルで行うのがいい」そうです。

始めたら、まず1週間がまんして続ける。
効果がみえはじめたら、それを3か月続ける。

今日はこの二つのことを心に刻みます!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp