トップ »  健康  »  2月20日は「尿もれ克服の日」って知っていますか?

2月20日は「尿もれ克服の日」って知っていますか?

20110219.jpg

40代以上の女性では3人に1人以上が尿もれを経験しているそうです!! 女性泌尿器科元患者の会「ひまわり会」が、女性の尿もれに関する認識を広く一般に深め、尿もれや骨盤臓器脱で悩んでいる女性が"ゼロ"になることを目的として、ニ(2)、モ(too=two=2)、レ(0)の語呂合わせから、2月20 日が「尿もれ克服の日」として制定されたそうです。

  • ユニ・チャーム株式会社が行った調査によりますと、
  • もれるのは、「せき」や「くしゃみ」をした時が圧倒的多数。
  • 冷える「冬」や「花粉」の季節も要注意!
  • 自分の「尿もれ」の症状が軽いか重いか不安に思っている人は66.9%。
  • 抵抗感強く、相談しない人多数。
  • これからの季節は寒さもまだまだ残り、春になれば花粉の季節。
  • 今から骨盤底筋トレーニングで備えたいですね。

調査と共に名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科部長 加藤久美子先生の対策も報告されていますので次のコメントをご参考になさって下さい。

●冷え、花粉症は「尿もれ」の大敵。冷え対策と骨盤底筋トレーニングを習慣に。 せき、くしゃみ、運動でもれる「腹圧性尿失禁」は、女性に特異性の高い尿もれタイプです。縄跳びやエアロビで あれっと思ったり、ことに花粉症の季節は悩みが増えます。くしゃみを連発した時、風邪でせきがひどい時だけとい ったものなら、その時期に尿ケア専用品を上手に使われたらよいでしょう。マスクと尿ケア専用品をペアで購入する なんて方法もあります。骨盤底筋トレーニングを生活習慣にして、せきやくしゃみが出そうな時は、出口をきゅっと 引き締めるようにするのがお勧めです。

また、冷えは尿もれ、頻尿の大敵です。冬、足元の冷えた時、炊事洗濯で水に触った時に、我慢のできない尿 意が起きてもれるのが、「切迫性尿失禁」。冷え対策を十分して、水分、カフェインの摂り過ぎに注意すると随分違 います。尿もれの中には一過性、季節性のものが多くあります。慌てて病院に行くのではなく、尿ケア専用品を使 いながら、生活の工夫をまずしましょう。一方で、重度の方、中等度の方でも旅行、スポーツが制約される場合は、 医師に相談されてはと思います。切迫性尿失禁には良い薬、腹圧性尿失禁には負担の少ない手術があります。

ユニ・チャームの「尿もれの悩みスッキリガイド 」もとても参考になりますよ。

また、女性泌尿器科元患者の会「ひまわり会」では2 月20 日「尿もれ克服の日」を記念して全国無料電話相談キャンペーンを主催

2月21日(月)ー25日(金)

骨盤臓器脱/尿失禁 全国無料電話相談キャンペーン

相談をためらっていた方々に良い機会になるといいですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp