トップ »  50代女性にステキなお知らせ  »  「陶の灯り」展/林真理 

「陶の灯り」展/林真理 

20120922akari.jpg

秋は灯りが恋しくなる季節ですね。土の持つ温もりにさらに灯りをプラスして幻想的な空間をお愉しみ下さい。

林真理「陶の灯り」展のご案内

動物の置物や食器類、大皿や花器など、今までいろいろと手がけてきましたが、現在は、主に陶器の灯り作品を中心につくっています。
灯りは人の心を和ませ、幸せな気持ちにしてくれます。さらに、土で様々な表情を盛り込んでつくることによって幻想的な世界が生まれます。
陶の灯りをひとつ灯して、ほっとできる癒しの空間に身を置く幸せな時間を演出したい! そんな気持ちで、日々、作品づくりをしています。

  • 2012年9月24日(月)~9月29日(土)
  • AM11:00〜PM11:00
  • 初日は18:00より展示スタートとなります。
  • 於:銀座 ART FOR THOUGHT 
  • ~アートと食が融合した新しい形のギャラリー&カフェ・バー
  • 東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル1F
  • Tel:03-6228-5922
  • >

アーティストからのメッセージ

 

子供の頃 、着るものは全て母や祖母の手づくりでした。いつも私のそばでは祖母が編み物をしていて、せっせと素早く正確に動いてゆく手を眺めては感心していました。
 そのうち自然と、私も編み針を持つようになり、ものづくりの楽しさを覚えていきました。
 学生時代は染織を学び、手を加えなければ"ただの糸"が、染料をのせ、織りあげることによって"もの"に変わっていく事に喜びを感じていました。
 陶芸に出会ったのは約20年前 、面白そう! と、主人を誘って二人で始めました。一本の糸から布ができるように、ただの土の塊から美しいものが生まれ、ものづくりにはどれも共通の喜びがあることを知りました。たちまち陶芸にのめり込み、気がつけば20年、継続することの大切さをひしひしと感じています。
 食器や花器など多数つくってきましたが、最近では陶の灯りづくりに夢中になっています。土の持つ温もりにさらに灯りをプラスして幻想的な空間をつくりたいと思っています。

林真理 プロフィール

  • 昭和34年 奈良県生駒市生まれ
  • 昭和60年 結婚して奈良市西大寺に住む
  • 平成 3年 奈良県宇陀市に転居(重要伝統的建造物群保存地区内)
  • 賞暦
  • 平成12年 奈良県勤労者美術展にて 奈良県議会議長賞受賞
  • 平成19年 新協美術会奈良展にて 奈良県教育長賞受賞
  • 平成19年 新協美術会東京展にて 新人賞受賞
  • 平成19年 宇陀市展にて 金賞受賞
  • 平成23年 新協美術会奈良展にて 知事賞受賞
  • 現在、奈良県宇陀市に在住

ギャラリー所在地

  • 奈良県宇陀市大宇陀上新1882 〒633-2161
  • TEL 080-3808-3645
  • 営業時間 10時~4時 不定休
  • ギャラリーサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp