トップ »  楽しむ  »  第6回 NOT検索で検索結果から特定のキーワードを含むページを除外する方法

第6回 NOT検索で検索結果から特定のキーワードを含むページを除外する方法

グーグルの便利なサービスをフルに活用する方法

NOT検索で検索結果から特定のキーワードを含むページを除外する方法

グーグルで今年流行のストールを検索しようと「ストール」というキーワードで検索したら、巻き方のページが多く表示されてしまった。こんな時は、NOT検索で巻き方のページを検索結果から除外する事ができます。

NOT検索とは、その名の通り、否定する、つまり、いらないページは除外して検索するという事ができます。検索方法は至って簡単です。除外したいキーワードに-(半角でマイナス)をつけて検索すればいいだけです。

NOT検索で検索結果から特定のキーワードを含むページを除外する方法

例えば「ストール」というキーワードで検索する時に、巻き方のページは除外したい、こんな時は「ストール -巻き方」というように検索すれば、巻き方のページを除外する事ができます。目的のページ以外のページが多く表示される時に有効な検索方法です。

NOT検索で検索結果から特定のキーワードを含むページを除外する方法

NOT検索の注意点

  • 全角のマイナス記号で検索しないこと
  • 半角マイナスの後にスペースなどを入れない

不要なページが多く表示される場合は、除外したいキーワードに必ず-(半角でマイナス)をつけて検索しましょう。

NOT検索のやり方を知っていると、検索の効率がグーンとアップしますよ!

著者:hello design world

連載記事一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp