トップ »   »  毎日タジン鍋食べてます

毎日タジン鍋食べてます

20110211tajinya.jpg

ひょんなことから、モロッコ料理の店でタジンを食べたのがきっかけ。 その店とは青山にある「タジンや」さん。 モロッコのベルベルの人々が経営する、こじんまりとして清潔な異空間です。

とにかくモロッコ料理のスパイスの使い方がおいしくて、おいしくて、家に帰ってからネットでレシピ検索、次の日はレシピ本を購入。 そして連日のタジン三昧。

野菜は一回で一人あたり軽く300グラムは食べられるし、塩分も少なくておいしいのがうれしいです。

オリーブオイルをしいて、ニンニク、タマネギ、人参、かぶ、カリフラワー、トマト、大根の葉、かぶの葉、シャンツァイ、ジャガイモ、サツマイモ、なす、、、 冷蔵庫や野菜かごの野菜を片っ端から拍子切りにして、タジン鍋に並べ,塩と肉か魚も載せて、スパイスで調味して蒸す、というシンプル料理。
(いくらなんでも、組み合わせは私なりに考えますがね)

野菜とタンパク質の組み合わせは無限に近く、 モロッコはもちろん、アジア風、和風、洋風、味付けも材料も何でも来い!

しかも塩が少なくても、素材のうまみが出ておいしいい。 日本の食べ物、食べ方にも合うから、こんなに流行っているのかもしれないですわね。

20110211.jpg

今日のタジンは鮭と野菜でしたので、ざっくり作りかたを。

まず『Chermoula』(チェルムーラというマリネ液)を作る

  • シャン菜 1束 みじん切り
  • ニンニク 1かけ みじん切り
  • 大さじ1 パプリカ
  • 大さじ1/2 クミン
  • 小さじ1/2 塩
  • 小さじ1/2 ジンジャーパウダー(オプション)
  • 小さじ1/4 カイエンヌペッパー(オプション)
  • 大さじ1 1/2 オリーブオイル
  • 半個分のレモン果汁

以上をよくミックスしておく

このマリネ液を魚や鶏肉のタジン鍋でつかうと本格的な味となりますよ。

  • 作り方
  • めかじきなど、骨の無い切り身魚1〜2切れ (鮭でもおいしかった)
  • 骨がないから、うなぎを使うこともあるんですって!
  • 魚をチェルムーラに漬けておく(20分位)
  • それから、以下の野菜を準備する
  • タマネギ半個 薄切り
  • セロリ 1本〜半本 スティック状に切る
  • ジャガイモ 一個 薄切り
  • トマト1個 薄切り
  • あればパプリカ(赤ピーマン)1個
  • 小さじ1/2 ジンジャー
  • 小さじ1/2  塩
  • コショウ 少々
  • 小さじ1/4 ターメリック
  • サフラン 極少(高価だから鼻息でふきとばさないように)
  • レモン 半個 薄切り
  • オリーブオイル 大さじ2
  • タジン鍋の底にオリーブオイルをしく
  • タマネギを並べる
  • セロリをその上に並べる
  • じゃがいもを鍋の縁に並べる
  • スパイス類をふりかける
  • マリネした魚を中央にならべ、マリネ液も残らずかける
  • レモンをかざる
  • ふたをして弱火で40分
  • 途中で、菜箸やスプーンをはさんだりしてちょっと水蒸気を逃がす。
  • 水分を見てあまり多いようなら最後にふたを開けて、水分を飛ばす
  • (決して中火以上にしないこと。 破損の原因となるからネ!)

初めの頃は蒸し時間が40分は長いな〜とおもいましたが、火にかけている間は他の用事ができるのでとっても楽ちんです。 タイマーをかけるのを忘れないで下さいね。

あっつあっつを食べる時に、やけどに注意!底に少々こげついたタマネギのおいしいこと!

パンなどにソースをひたしつつ、ぜ〜んぶ召し上がれ!

Bon appétit!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

大関の青汁

健康

一覧を見る

食

一覧を見る

暮らす

一覧を見る

楽しむ

一覧を見る

よもやま

一覧を見る

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

バナー原稿 300×250 (121225)imp